ライフ

失業保険を受給するための求職活動実績の作り方

会社員など雇用されていて失業した方は、失業保険の給付を受けられます

失業するとハローワークに行き必要な手続きを行って、その後求職活動を行うことになります

失業保険を受給するためには、失業状態で求職活動を行っていることを認定してもらう必要があります

失業認定日にハローワークへ行き、失業認定してもらうわけですが、失業認定してもらうためには求職活動を実際に行っている実績を示さなければなりません

失業保険 求職活動実績とはどういうもの?

4週間に1度ある指定の失業認定日にハローワークに行き、失業認定を受けるのですが、求職活動実績を記入した失業認定申告書を提出します

給付制限期間中の後の最初に失業認定日であれば3回分、その後は4週間毎に2回分の求職活動実績を記入しなければなりません

失業保険 求職活動実績とは?

ハローワークからもらう書類の中に求職活動実績とはどんなものかが書いてありますが、「客観的に確認することができる仕事探しの実績」とされており、企業の求人への応募、職業相談や職業紹介を受けること、講習やセミナーの受講などがあります

職業相談や職業紹介、講習やセミナーはハローワークや公的機関が行うものや、認定の対象となる民間機関が行うものがあります

客観的に確認ができることが必要ですので、「求人情報をみました」、「インターネットで求人情報を検索しました」、「(認定の対象とならない)講習やセミナーに参加しました」と失業認定申告書に記入するだけでは、求職活動実績として認めてもらえません

失業保険 求職活動実績の作り方

失業保険 求職活動実績の作り方

求職活動はさまざまな活動が考えられます

ハローワークの求人情報検索端末で検索する、ハローワークに掲示されている求人情報を見る、民間求人紹介会社に登録して求人情報・就職情報・転職情報を探す、インターネットを使って求人紹介会社、転職紹介会社、エージェントを利用する

ハローワーク、公的機関、民間機関の講習やセミナーを利用する

企業の説明会に参加したり、企業の求人に応募する

インターネットから就職サポートを利用する

例えばこちらのように、第二新卒・既卒・20代・フリーター・エンジニア向けの正社員就職転職サポート・企業紹介・転職エージェントなど様々なサポートサービスがあります

学歴不問の就職サポート 20代・既卒・フリー 正社員就職相談しやすさNo.1
正社員就職サポート 既卒・フリー・ニート・未経験からの正社員求人
既卒就職支援 国内最大級既卒者向け正社員就職「いい就職ドットコム」
20代転職相談 はじめての転職「20代の転職相談所」
エンジニア転職 未経験・初心者からでもエンジニア転職保証カウンセリング

 

さまざまなサービスがあるのですが、ただ登録して利用するだけでは求職活動実績に認定されないこともあります

ですが、このような就職につながるサポートを利用して、求職活動を行っているのであれば、ハローワークの職業相談窓口へ行くことで、失業保険給付を受けられる求職活動実績にすることができます

失業保険 求職活動実績の作り方 職業相談利用

失業認定日のハローワーク職業相談へ行き 求職活動実績に

失業認定日にはハローワークへ行かなければなりません

失業認定日にハローワークへ行き、失業認定申告書を提出したら、ハローワークの職業相談窓口にも行きましょう

ハローワークの職業相談窓口に行き、求職活動状況を相談すれば、1回の求職活動実績になります

どんな求人情報の収集を行っているかとか、自分の希望する条件に合う企業はあるかとか、求人情報の探し方はどうしたほうがよいかとか、状況の報告、知りたいこと、聞きたいこと、求職活動に関することを相談窓口の係員と話をしてください

なんらかの求職活動を行っていれば、ハローワークの職業相談窓口へ行き、求職活動に関しての相談をすることで、求職活動実績に認定される活動になります

そして、自分で求職活動を行いつつ、またあらためて別の日にハローワークの職業相談窓口へ行き、同様に窓口で相談すれば、2回目の求職活動実績になります

企業の求人に応募する機会や、認定される機関の講習やセミナーを受ける機会がなかったとしても、ハローワークの職業相談窓口へ行って、自分で行っている求職活動に関しての状況報告や相談をすることで求職活動実績として認めてもらえます